読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

それはいらない 6

思いつき

バーで談笑する2人。

グラスを傾けながら、丁度そこに設置してあったダーツを見つけ互いに投げ合うが、Aが負けBがガッツポーズを上げると、Aが席に戻り、再び談笑に入る。

A「学生時代はコントロールの良いピッチャーだったのにな」

B「もう20年くらい経つのか。俺は今でも草野球でたまにやってるから、お前よりかはマシかな。あっお前も来いよ」

A「え!? ダメダメ。卒業以来運動っていう運動なんかしてないもん。それに仕事が忙しくて、休みの日なんかはずっと寝ちゃってるし」

B「勿体ないなあ。まあそのうち来たくなったら声かけてくれよ。お前の知ってる中崎とかもいるから」

A「中崎? 懐かしいな。元気にしてるのかよ」

すると、突然奥で一人飲んでいた初老の男Cが話しかけてきた。

C「お前、駒田だろ?」

面食らうAとB。

その様子を見ることもなく畳み掛けるように

C「そこの、グレーのスーツのお前だよ。駒田だろ?」とBを指差す初老の男C。

Bは恐る恐る

B「いや、私は駒田という名前では……」

C「いや、駒田だよ。嘘付いてもわかる。お前は駒田だ」

A「きっと酔ってるんだよ。適当に相手して、店出よう」

C「酔ってないよ! そしてお前が駒田だっていうのもわかる」

B「おじさん何言ってんの? さっきから、俺は駒田じゃないって言ってるじゃない! 人違いですよ!」

C「かまえてみろよ」

さらに面食らう2人。

A「かまえるって何を、ですか?」

C「バッティングフォームに決まってんだろ。駒田じゃないってんなら、フォームが違うはずだ」

B「おじさん、さっきから駒田、駒田って、あの駒田のこと言ってんの?」

C「そうだよ。それ以外の駒田なんかいるのか? 俺は知らない」

A「えっ、あの満塁男の? とても顔も似てるとも言えないし…」

C「違うってんなら、かまえてみろよ」

そう言われてBはしぶしぶバットを持つようにその場でかまえてみせる。

f:id:ozkkzht:20170207163708j:plain

C「やっぱり駒田じゃねえか!」

B「いやいや、違うって」

A「こいつがどちらかというと駒田よりにしただけで、お前もノるなよ」

C「いや、駒田だよ。間違いない」

B「本当、勘弁してよ。駒田じゃないって。俺にも失礼だし、駒田にも失礼だよ!」

C「かまえろよ。後一回見て違ったら、諦めてやる。かまえろよ」

B「もう、しょうがないなあ」

f:id:ozkkzht:20170207164020j:plain

C「やっぱり駒田じゃねえか! 嘘ばかりつきやがって」

B「じゃあ、百歩譲って、俺が駒田だとしよう。何なの? 何か用ですか!」

BはCに食って掛からん勢いで詰め寄っていく。Aはケンカにならないよう、Bの腕を持つ。

そしてCが振り向く。

A・B「田淵じゃねえか!」

f:id:ozkkzht:20170207164427j:plain

Fin