レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

話が入って来ない 2

すごい経済に詳しい感じの人が僕に経済の話をするんだけど、

ただでさえ、経済用語?とか解らないのに、

「この間の、リーマンズショックが〜」

とのたまいてたので全く記憶にすら残らなかったバレンタインデーの夜。

 

バレンタイン・キッス

バレンタイン・キッス

 

 

おくり人とは

おくり人とは

www.hirosanta.com

 

年明け すぐぐらいの報道番組で

「私も今年は “億り人” になれるように」

と女性が言っていたのを見たが、

「バカじゃねえの?」って爆笑してたんですが、

その後コインチェックのニュースを受け、

 

「あの女の人は違う意味で送り人に厄介にならなかったかな?」

と心配してます。

見てたら連絡ください。

 

 

送り人の娘 (角川文庫)

送り人の娘 (角川文庫)

 

 

聞いたままテキストにする

Aさん「僕はね、苺一枝を大切にしてるんですよ」

僕「えっ?」

Aさん「苺一枝」

僕「えっ?、苺が何です?」

Aさん「苺一枝、です」

僕「えっ、あ、ああ、一期一会! フォレストガンプ!」

Aさん「そう。だからどんな相手でもきちんと応対しないと。苺一枝ですからね」

僕「あ、はあ。」

 

と全く話が入って来なかった。

金曜の夜。

 

福岡県産いちご あまおう 18~24粒入り
 

 

296話まであるんですけど

第1話

http://www.hamutaro.com/anime/story/001.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第2話

http://www.hamutaro.com/anime/story/002.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第3話

http://www.hamutaro.com/anime/story/003.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第4話

http://www.hamutaro.com/anime/story/004.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第5話

http://www.hamutaro.com/anime/story/005.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第6話

http://www.hamutaro.com/anime/story/006.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

第7話

http://www.hamutaro.com/anime/story/007.html

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

再構築いたしました。

第7話 冒険!夏祭り

僕の名前は戸々高公太郎。

今日はたいしょう君と夏まつりに行く約束をしている。

ロコちゃんはカナちゃんと行くと言っていたが、恐らくボーイの木村君と行くつもりだろう。

多国籍キャバクラ嬢のマフラーちゃんは祭りの露店のあるたこ焼き屋で純度の高いヤツを売ってくれるというノッポの話を聞きつけ一人でうろうろしている。

ノッポ「アレをキめると、夜空にきれいな花が咲いたようにパーッとなるんだ!」という。僕もやってみたい。

一方ロコちゃんは最初僕が聞いた通りカナちゃんと祭りに出かけたみたいだけど、途中で二手に別れ、やはり木村君と会っているようだ。

僕とたいしょう君は偶然そのたこ焼き屋を見つけ「純度の高いヤツ」を買い付けることができた。

マフラーちゃんと一緒にキめてやろうとマフラーちゃんを探していたが見つからず、先にキめてしまう。

気持ちが昂揚しながら歩いていると一人寂しく泣いているマフラーちゃんを見つけてしまう。

僕たちはマフラーちゃんを見つけたことがよほど興奮したのか裸になって踊りだしたんだ。

するとみんなもいつの間にキめていたのか、一緒になって踊り始めた。

「今日は、俺たちの、ハダカまつりじゃーー!」

僕は思わず叫んで、完全にイってしまった。

その後おまわりさんが来て僕たちはロウヤに入れられてしまったけど、イった後、倒れ込み夜空を見るとそれはそれは素晴らしい大輪が咲いていたのを覚えている。

僕はそれで満足しているのだった。

第6話 行くぞ!はじめての海

僕の名前は戸々高公太郎。

僕は意識を失っていた。確かロコちゃんとボーイの木村君の浮気現場を取り押さえようと突然木村君の住んでいるアパートに入ったところまでは覚えているんだけども。

気がつくと両手両足を縛られて、口には猿ぐつわをされて、狭い密室の中に閉じ込められている模様。

エンジン音が聞こえるから、ここはトランクの中なんだろう。

運転席からは何も聞こえない。

何か話している様子もないが、車はある所で止まったみたいだ。

どうやらロコちゃんとカナちゃん、木村君の3人が何やら話している様子。

僕はどうなるの?

するとトランクが開けられ、夜だったけど波の音が聞こえてきた。海だ。海に来るのは正直初めてだったけど、まさかこんな状態で来るとは。

僕は木村君に頭、ロコちゃん、カナちゃんには足を持たれ運ばれている。

このまま死んでしまうのかー

そう思っていたら突然雷が鳴り、激しい雨が降ってきた。

ロコちゃんとカナちゃんは思わず手が滑って僕の下半身は地面に落ちた。思い切り膝を強打してしまった。

3人は僕を置いてどこかへ雨宿りに行った。

3人は岩場の影に雨宿りをしていたけど、波が徐々に高くなり、動けなくなってしまう。

僕は何とか地力で縄をほどき、ロコちゃん立ちの方を見る。すると、もう戻れないくらい波も高く、このままでは3人とも飲まれて死んでしまう。

そこへ偶然通りかかったロコちゃんの店の常連でもあり、ロコちゃんのパパ達の中の一人でもある漁師のパパに遭遇し、何とか3人を助けることに成功!

雨も上がって波も落ちついてきた。

ロコちゃんたちは僕に他人行儀な素振りを見せながらも家に帰ってから「ごめんなさい」ととても泣いていたっけ。

 

癒しのBGM 海の音

癒しのBGM 海の音

 

 

場所がないのでご返信

よかった

大丈夫だよ、頑張って!と言いたかったけど言えなかったけど、前向きなコメントを聞けて僕も元気出ました。