レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

っていう愚痴

去年にね、気の知れた5人で久しぶりに5人集まろうやって話があって、

特にいつって決めてるわけじゃないけど、そろそろ予定を聞いていこうかと思って各連絡を取ってたんだけど、もともと、合わせにくいからもう何年も集められなかったのに、やっぱりやるとなると難しいもんで「5月、6月の休みが取れない」とかで、他の面々が号を煮やさないだろうかと思ってたら、一人「いつ?」ってキタモンだから、もういいわってなって「君だけ合わないからやっぱり合わせられる4人で行くわ」って言ったものの、「やっぱり、俺・・・!」ってなって「やっぱり君が休み合うまで待つわ」ってなったのだけれども、その前に「4人で合うわ」っていう流れで少し話を進めてたものだから、また一人ひとりに「ゴメン、やっぱりアイツ待つわ、最初の約束通り5人で行こう」って話をしてるんだけど、

その内の一人にその話をした後に、

「まあ、俺は直前じゃないとわからんから」って、

どういうことやねん、ってお前家族で旅行行こうって計画立てても「俺は直前じゃないとわからん」って言って予定を崩そうと?

それとも僕らの集まりにあんまり関心がないと?

何? 俺が一番忙しいアピール。

あのね、みんな仕事して、家族もあって、みんな忙しいのに、忙しいって言わないのよ。

それと友だち付き合いは別物だから。

本当に忙しい人は「忙しい」って言わないのよ。実際。

じゃあ最初から4人で話し進めてたら良かった? ずっとずっと付き合って来た5人だから君にも声かけてるのに、後からで良かった? H Jungle with Tのwith Tで良かった?

違うでしょ。君もかけがえの無い友人の一人なのだから、そんなこと言わないでよ。

ていうか段取りしてる僕に失礼だよ。

もうちょっと考えて欲しいわ。

っていう愚痴を今僕と飲みに行ったら確実言います。

 

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

 

 

お前の言うことは俺の言うことと全然噛み合ってないからな!

例えば、

A「アタシ、鍛高譚みると、阿藤快の『なんだかなぁ』を思い出す」

B「笑 じゃあ阿藤快の『なんだかなぁ』って聞いたら、鍛高譚を思い出すの?」

A「思い出さないよ」

B「えっ、あ、ああ、そうだよねー。じゃあ、『嵐』って聞いたらだいたいの人はあのジャニーズの嵐を思い出すけど、俺の場合は世代だからなのかなー『ゲームセンター嵐』を思い出すんだよn」

A「思い出さないでしょ。普通。」

B「えっ、いや、あの、月面宙返り!とか・・・」

A「思い出さない。」

 

みたいに、合コンに行って全然噛み合わなかったエピソードを今さら思い出すくらい噛み合ってないからな!

 

 

定番のオヤジギャグ「ゆるしてチョンマゲ」を脅かす新たな「ゆるして◯◯」が登場

「ゆるしてクレモンティーヌ


天才バカボン ☆ Clementine (クレモンティーヌ) ☆ カバー ☆ ukulele cover [ 春だ1番! 音友アニソン祭り! ]

 

どうだろう、シロガネーゼもビックリのこの圧倒的なセレブ感。

すでに女子大生の間ではまことしやかに、あの「寅さん風ジャケット羽織り」をたしなみながら、使われているとかいないとか。

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

そんなこともあるわな

3月に新人が入った。

25歳ととてもフレッシュとは言いがたいが、やる気は感じるのでいいんじゃないかな。

もし、仮に「どんな人?」と聞かれたら、

僕が、

「ま、そんなこともアロワーナ」と、

得意のブラジリアンギャグ、いやアマゾンギャグ、いや熱帯雨林ギャグを言い放つと、

「えっ? アロワナって何ですか?」と真顔で聞いてくるヤツです。

 

 

77716 アジアアロワナ/紅龍 ソフトモデル(FF-005)

77716 アジアアロワナ/紅龍 ソフトモデル(FF-005)

 

 

やるせない

今年はみんなで墓参りに行こうぜと約束したのだけども、

それまではあの人も呼んでみようか、ダメもとで尋ねてみようとか思ってたけど、

いきなり一人ダメになり未だに予定立たず。

 

人を誘って何かをする、っていうのはすごくめんどくさいなあってずっとずっと思っているから、やる度に疲れるし年々そうやって誘ったりするのも少なくなっていく。

 

でも僕しかやる人がいないので発信するのだが、肩すかしをくらった。

 

僕が死んだらもうみんな集まらないだろうな。

 

 

霊界白書 ? あの世に学ぶ!幸せに生きるためのこの世の歩き方 ?

霊界白書 ? あの世に学ぶ!幸せに生きるためのこの世の歩き方 ?

 

 

清原を見る佐々木の気持ち

ずっと攻めたい気持ちがあるのだけど、本当は、ずっと後悔しながら生きて欲しいくらいなのだけども、彼も僕にとってかけがえのない友だちなのだから、忘れてしまおうと思う。

 

忌野清志郎の「スローバラード」をご存知だろうか。

僕もそんなに、まあ聞いたことあるかな程度でそんな世間が言う程名曲とも思ってなかったし、わざわざ買ってまで聴こうとも思ってなかったのだけども、たまたま、YouTubeか何かでライブ映像を見て、すごく良かったのでitunesでライブアルバムがあり、すぐダウンロードした。

 

スローバラード

スローバラード

  • provided courtesy of iTunes

 


スローバラード / 忌野清志郎


奥田民生/スローバラード(RCサクセションカバー)

奥田民生のも熱量がすごかった。

 

そのitunesでのスローバラードが良すぎて、

どこが良いかって言うと、最後のホーンセクションっていうのか何分か続くんだけども、その終わり頃に、一瞬音が止まった時に男の声で

「キヨシロー」って叫ぶ人がいるのね。

そのキヨシローって叫び声も含めてこの曲は成り立つなあっていつも聴く度に思う。

 

もう亡くなって何年も経つのだろうけど、いつもこういう著名人は作品が残るからいいなあっていつも嫉妬すら覚える。

 

去年友だちが亡くなって、彼は作品は残せなかったけど、僕は彼の墓前に立って、心の中で彼の名前を叫んでやろうと思う。僕たちはずっと覚えているからね。

 

合掌

完全拒否

「オゼキくん、7時半か8時に例の印刷物が乾くしな、刷込んでくれへんか?」

 

「えーイヤです。8時とかおかしいですやん」

 

「じゃあ7時半でいいし、なんとか頼むわ」

 

「・・・・・・・・・・・」

 

僕の定時って一体何時なんですか?

 

そら円形脱毛症なるわ。