レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

いやホンマになってどうすんねん

ひきつよすぎ ozkkzht.hatenadiary.jp

news.yahoo.co.jp

ジョニー

A「う〜ん」

B「どうしたんですか? あっ、さっき怒られたこと気にしてるんですか?」

A「へ?」

B「すごい剣幕で怒って出て行きましたよ、すいませんね、マスター。Aさんがご迷惑かけて」

マスター「いえいえ」

A「だってよ、すごい久しぶりにこの店に来たんだよ、あの人。最初雰囲気変わってたから一瞬分からなかったけど、あっ!てなもんですぐ分かったんだけど、フェルトハット被って、

f:id:ozkkzht:20171020194114j:plain

 

丸型のメガネかけてて、ちょっと口とアゴにヒゲ生やしちゃったりしちゃってさ、あのハリウッド俳優の名前言ってくれみたいな空気を感じたからさ、『Dさん、まるでジョニーデップならぬ、ジョニーデッパですね』って言ったら怒って出て行ったんだよ。言葉にならない言葉を吐いて」

B「そりゃ、ジョニーデップになりたいんだからデッパって言われちゃ怒るでしょ」

A「だって出っ歯なんだもん! Dさん。嘘付けないじゃん」

B「そこは褒めてあげないと。ね?マスター」

A「マスターだって俺が言ったとき笑いこらえてたじゃん! ていうかあんな格好今時ジョニーデップでもしないだろ! 古いよ」

マスター「でもDさんはもしかしたらイメチェンしたくて一念発起して、あれだけ揃えて、どう言われるだろう?ってテストのつもりでこの店へ来てくれたのかもしれませんからね〜」

A「だから出っ歯って言ってやったんだよ。だめだよ甘やかしちゃ」

B「じゃ、なんで悩んでたんですか?」

A「それだよ。これ見てよ」(スマホをいじる)

記念事業 | 大政奉還150周年記念プロジェクト ― 歴史に学び 地域でつながり 未来に活かす ―

B「大政奉還150周年? これがどうかしたんですか?」

A「そもそも150周年ってなんなんだ? 記念て。祝うものなのか? ちょっと何かイベント作りたくて漁ったら大政奉還出て来た感がすごくない?」

B「ん〜、周年自体の漢字の意味としては特に祝うっていうことじゃないからアレですけどね、確かに『記念』っていうのは違和感を感じるかも」

A「だろ? 何やるの? 歴史を深く知ろうっていうことならいいけど、スタンプラリーとかやるんだぜ? もう観光地としてマヒしてんじゃないの?」

B「そういえば、こないだ駅で周山の観光案内ポスターがあったなあ、あんなとこ、観光客が言って喜ぶんだろうかって思いましたけど」

A「もう真新しい観光地がないんだよ。でももっと掘り下げていきゃあいいのに、新しい場所ってやるからおかしなことになるんだよな」

B「まあ、祝いたい人もいるんじゃないですか?」

A「別にそれはいいのかもしれないけど、そういう観光ばかり力を入れて、市民がないがしろにされてないか?って俺は思うわけよ」

B「ああ」

A「俺の友だちでさ、住んでる家の近くにゲストハウスがあるらしいんだけど、夜中でも大きな声で話はするわ、キャリーバッグの音はうるさいわで苦情を何度も入れてるんだけど、改善されてないんだってさ」

B「それは嫌ですね。衣食住の邪魔をされるとイライラしますもんね」

A「だろ? そういう整備はないがしろにしてじゃんじゃんゲストハウスやら民泊やらしてるんだぜ。ちょっと何かが違うような気がするんだよな〜。って俺は悩んでるわけよ」

B「Aさんにしてはなかなか真摯な悩みですね」

 

〜ジョニーデップ風の格好をした別の客(E)が来店〜

 

マスター「いらっしゃい、ああ、久しぶりです」

E「久しぶり 笑」

A「ああ、Eさん、最初分からなかったよ! Eさんイメチェン? ジョニーデップ? ジョニーデップというよりはジョニーデッブですよね!」

E「のはうしょいうあbcんふぃうえはうえいへbふぁーーーー!」

バタン

B「全然学んでない」

 

 

俺たちの時代 3

A「俺、『まぶしがりや』なんだ」

B「へ?」

A「えっ? あっ」

 

A「俺、『まぶしがりや』なんだ」

B「ええ、Aさんの声もちゃんと聞こえてますし、言わんとしたい事も意味を聞かないでもわかりますよ。でも『へ?』と答えたんですけど」

A「俺さ、コンタクトじゃない? だからなのかな〜、夜になると、、、」

B「僕の質問は無視ですか?」

A「うん。夜になると、街灯や車のライト、いろいろ明かりが点いている、まあ当たり前なんだけど、その光のところがハレーションっていうの? まぶしいんだよね」

A「だから、『まぶしがりや』。高橋克典と同類。」

f:id:ozkkzht:20171018184812j:plainまぶしがりや代表

B「高橋克典はまぶしがりやのカテゴリーなんですか?」

A「えっ、だっていつもまぶしそうじゃない?」

C「まあ、目が細いからそう見えなくはないかな」

B「Cサンまで。Aさんを甘やかしちゃダメですよ。すぐ調子に乗るんだから」

A「あと、アレ、車の運転してて、いや、運転してなくても、対向車のハイビーム! すごいまぶしくて、ぶん殴ってやろうかと思うくらい」

C「たまに信号待ちでハイビームしたままで、その信号待ってる間、ずっとまぶしいよね」

B「それはわかります」

C「あと、片方は普通なんだけど、もう片方だけハイビームになってるやるもあるよね?」

A「ああ、ヌマケンだろ?」

B「ヌマケン?」

A「そう、ヌマケンさんみたいじゃないか」

C「ああ、新沼謙治ね」

f:id:ozkkzht:20171018184726j:plainヌマケンさん

B「なんで今日は心が通じ合ってるんだろ? あと新沼謙治をヌマケンと呼ぶ程ポップじゃないと思うんですけど」

A「アレ本ん当ーっにやめてほしい! 街灯も点いてて割と明るいのに何が見えないんだろ? ていうか何が見たいんだろ?」

C「よほど暗い道ならわかるけどね」

A「俺たちの時代はさ、暗い道でハイビームしてて、対向車なんかきたらすっとロービームに戻すっていうのは最低限のマナーだったよな」

B「確かにそういうのは今はないのかもしれないですけどね。」

A「今じゃ逆にハイビームにしなさいってどっかの政治家がのたうち回って言うもんだから、それを鵜呑みにした愚民どもは皆ハイビームよ」

B「愚民って」

A「愚民だよ! 俺はまぶしいの! まぶしくないように生きたいの! もうまぶしいのはゴメンなんだよ!」

B「後光効果って知ってます?」

C「ああ、太陽の光をバックにってやつ?」

B「そうです。あれは心理的に効くらしいですよね。プレゼンなんかでも生きるらしい」

A「俺は後光は欲しくないけど嫁さんは欲しいよ」

f:id:ozkkzht:20171018185741j:plain

 

嫁に来ないか

嫁に来ないか

  • provided courtesy of iTunes

 

ちょっと叡電のひえいがかっこいいんですけど

eizandensha.co.jp

f:id:ozkkzht:20171003162034j:plain

別に電車オタクでもないんですけど、すごくいいじゃないですか?コレ。

まだ実車で見てないので実車だと「ん? ああ……」感が増すのかもしれないですけど。

少し乗ってみたいですよね?

 

 

俺たちの時代 2

A「こないだ駅前を歩いてたら歩きスマホしてる女とぶつかってよ、アレなんとかしてくれないかな」

B「ああ、なんか事件とかにもなってますよね」

A「なんか歩きスマホしてる人が殴られたってやつだろ? 殴るまではいかないけど、腹立つのは間違いないよな!」

B「ん? でも待ってくださいよ。お互い歩いてたんですよね?」

A「そうだよ」

B「Aさんなんで避けなかったんですか?」

A「えっ? なんでって・・・」

B「見てなかったんでしょ?」

C「それしかないな」

A「うるせーよ! 俺が悪いのかよ!」

B「悪いわけじゃないですけど、Aさんもよそ見してたわけだし、その女の子が一様に悪いってわけじゃないですよね?」

A「お前歩きスマホのかた持つのかよ! いつからお前はそんな現代っ子になったんだ? ん? お前も歩きスマホするのか?」

B「かた持つわけじゃないし、だからといって歩きスマホたことないかっていえばしたことはありますよ。でもどういう状況でもよそ見してる方が悪いんじゃ…」

C「周りから見れば歩きスマホの方が悪そうに見えるんだろうな」

B「そう、人や障害物にぶつかるから危ないですよっていう啓発ならわかるけど、事件もそうですけど、悪いってわけじゃないと思うんですよ。ただ、注意はしてもいいかな」

A「なんだよ! なんで俺が悪いって結論ついてんの? 確かによそ見してたけど、あの女が歩きスマホしてなかったら女の方からよけれたかもしれねえじゃねえか!」

B「でもよそ見してたからなあ、例えば、例えばですよ、前から女の子が歩きスマホしながら歩いていて、Aさんがよそ見しないでいたら、Aさんが結果よけて、『危ないよ』なんて優しく注意してあげると・・・」

C「彼女はお前に『キュン』ってなってスクエアプッシャーってなるかもしれない」

B「何ですかスクエアプッシャーって 笑」

C「ニュアンスだよ、ニュアンス」

A「優しくな…」

C「何? まんざらでもない? そうだよ、お前が心を広く持てば彼女だって今頃はお前にスクエアプッシャーだったんだよ」

B「そうですよ、時代ですよ。確かにぶつかるのは良くないでしょうけど、一つのきっかけっていう考え方は良いですよね」

A「ん〜、どうも納得いかないな、電車の中でも皆スマホの画面見てるだろ? ああいうのも俺たちの時代はなかったけどな」

B「それはその時代にスマホがなかったからですよ。本だって一緒じゃないですか? それはAさんがただその状況や環境に順応できてないからだけじゃないですか?」

A「うるせーよ!」

B「ただ黙ってスマホ見てる人と、酒飲んだ帰りで酔ってぐでんぐでんになってる人とどっちが迷惑なんでしょうね?」

A「わかったよ! これからは心を広く、優しく注意することにするよ! ほんとうにうるせえなー」

C「それでスクエアプッシャーってするんだろ?」

A・B「爆笑」

A・B・C「ん? だれですか?」

D「さっきから、スクエアプッシャーをバカにするな!」

 

 

AKB48

A「こないだアーカーベー アハトウントフィルツィヒがな・・・」

僕「へ?」

A「ああごめん、ドイツ語でちゃった、ドイツ行ったことないけど」

っていうやりとりを過去7回くらい繰り返しているんだけど、ツッこもうかツっこまずにやりすごそうか、もう半年以上悩んでます。

2人でいる時にブっこんでくるんで、正直おじさん戸惑ってます。

相手が知らないときは、

A「アーカーベーの中で一番誰がいい?」

B「えっ」

僕(またか)

A「ああ、ごめんドイツ語でちゃった、エーケービーな」

B「ああ! っていうかドイツ語喋れるんですか!」

A「いや、行ったこともないよ」

B「ええ…」

っていう誰もうまくツっこめてないんだが、良いフレーズ浮かんだら今度ツっこんでみます。

 

秋元康の仕事学

秋元康の仕事学

 

 

俺たちの時代

A「何だよ! あの女! 連絡先聞いたら、『私、福山雅治が理想のタイプなんでごめんなさい』だって! 40近いくせに何言ってんだ!」

B「まあ、まあ、縁がなかったということでいいじゃないですか」

A「うるせーよ! なんだよ福山雅治って・・・そんなヤツがいると思うか?」

C「まああんまりいないでしょうね…確かに彼女も理想が高いなとは思いましたけど」

A「だろ? そもそも『まさはる』って言ったら俺たちの時代は『福山』じゃなくて『鶴久』だろ?」

B・C「へ?」

A「鶴久だろ? 俺たちのまさはるは!」

B「いやいや、確かに僕らもチェッカーズの世代ですけど、福山雅治もそんなに歳離れてないですし、僕らより年上なんで」

A「うるせえ! 鶴久なんだよ! 俺たちのまさはるは!」

B「福山雅治だって『今』の人じゃないでしょ? 旬じゃないですもん。」

A「じゃあ誰が旬だっていうんだよ」

B「小栗旬とか?」

A「旬だけにってか! 旬だけに小栗旬ってか! うまいこと言ったみたいな顔しやがって! 認めねえぞ!」

B「とにかく、一般的に僕らくらいの世代100人ぐらいに『まさはるといえばどの芸能人思い出す?」って質問したら今だと99人くらいは福山雅治だと思いますよ」

A「いいや、絶対『鶴久』は40はいるね。鶴久を甘く見たらアカン、俺は鶴久派だからな」

B「鶴久なんて一人も言う人いないですって』

A「お前何さらっと鶴久ディスってんの? 鶴久に謝れ! いいや、タカモクに謝れ!」

B「なんでそこでタカモクが出てくるんですか」

A「鶴久が許してもな、タカモクがだまっちゃいねえぞ」

B「だからなんでタカモクが……」

A「ついでにリナに謝れ!」

B「なんでマサリナの高橋リナが出てくるんですか」

C「以外と良く知ってんな、お前」

 


鶴久政治 + マサリナ TOUR1992 2/5