レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

最後にもれちゃう

土曜日に外食をした。

もう、自分の中で収めようと一端は書かずにおこうと思って、広末涼子の話を書こうと思ったのだが、僕の中の、ユダの気持ちが全体を支配し始め、どうしても書かずにいられない精神状態になったので、広末涼子の話は今度にして、土曜日に外食をした話を書こうと思っている。

土曜日に外食をした。

最近できた、炭火焼きのお店だ。

メニューは滋賀県では珍しい焼きガキや他海鮮、あと、炭火焼きなので肉も諸々ある。

この日の目的は僕は焼きガキと決まっていた。

もう、10個くらい食ってやろうと意気込んでいた。

だが、その幻想は湯気のように消えて無くなっていったのである。

どういうことか一言で言うと、

ありえない

が正しいのだろうか。

もう少し言うと、

このSNSが発達し、個人レベルでも何かネガティブな事項があると、一気に広がり、たちまちエラいことになるこの時代に、ありえない

のである。

店はあえて言わないようにする。

箇条書きにしてみた。

  • 6時に予約していたので、6時に店に行くと、まだ「CLOSE」の看板になったまま。(店を出た後もCLOSEになっていた)
  • 恐る恐る店に入っても「いらっしゃい」の一言も、出迎えも無く、「空いてる席へどうぞ」と促される。
  • 工務店?の客?なのか、この店の店長?(女性)の知り合いなのか喋っている。
  • 普通はリザーブしているのだから、リザーブの席があってしかるべきだと僕は思っている。
  • 店員がメニューを把握していない。
  • 「ここの肉のメニューはどこからどこまでが串焼きなのか?」と聞いても、首を傾げていた。
  • メニューを見ると「生ガキ」があったので、喜んで「生ガキ」を頼んだのだが、10分後、「本日は入荷してません」と断られる。
  • なぜ10分もかかったのかと悪い意味で勘ぐっている。
  • 煙が店内にモウモウと立ちこめているのに換気扇はまだ回っていない。
  • せっかくなので良い肉を食べようと2000円もする牛ヒレ肉を頼んだ。メニューには(塩、わさび、しょうゆを選べます。店員が聞きますのでお選びください)とあったのに、何も聞かれなかった。もう一つ、150gか180gか選べたのだが、聞かれなかった。
  • 10分後、150gか180gか聞いてきた。
  • 店内が真っ白になったところで僕の頭上にある換気扇のコンセントをいれて来た。
  • 30分後、肉が軽く焼かれた状態で来た。
  • 肉以外こなかったので、何か塩かで味付けでもされてるのかと思い、ひとくち食べてみたが、まったく味がしなかった。
  • 塩を頼んだ。
  • 居心地が悪かったので店を出ようと立ち上がった。
  • 工務店?の客?と店長?が話し込んだまま、こちらを見向きもしない。
  • 会計を済ませた。
  • レシートを貰えなかった。
  • 「ありがとうございました」の声かけもなく、店を後にした。

以上

 

僕は客としてお店に求めているサービスを過剰に期待しすぎているのだろうか。

もしかしたら、僕らに対してだけそういう態度だったのかもしれない。後から来た客(僕らがいる間はまったく来なかったけど。土曜日なのに)にはもっといい接客がなされていたのかもしれない。

いや、例え僕が過剰に求めていたとしても、仮に僕がここでクレーマーだと言われたとしても、この日の食事が僕らにとってどんなに大事な時間だったかもしれないのに、素人に毛も生えてないような接客をされて僕は正直腹がたっている。

 

もし、飲食業を営んでいる方や従事されている方で、もし、僕のこのブログを見てくれたら、僕がおかしいのか、店がおかしいのかご教示ください。

 

f:id:ozkkzht:20171212211614p:plain

レビューしてやろうか!

コントみたいだった

いつもの帰り道、だいたい毎日タバコの自販機にてタバコを買う場所があるのだが、そこには、灰皿も置いてあるのでそこで補充用のタバコを買って、一服して駅へ向かうというルーティンになっている。

 

一昨日も同じようにタバコを買い、そこで一服をするのだが、乗っていた自転車を止め、時間にして5分もいないだろうから当然キーは外さずに、灰皿が置いてある場所、5mもないだろう、そこへ向い、タバコを吸い始めたのだが、どこからともなくおばあさんが誘蛾灯に誘い寄せられる虫たちのごとくタバコの自販機あたりで僕をじーっと見つめている。

 

ちょっと気味が悪いな。

 

と思って、後を向いたその瞬間、

 

ガシャンッ

 

と自転車の音がするじゃないか。

 

僕はハッとして僕の自転車の方を向き直すと、

 

僕を見ていたおばあさんが、あろうことか僕の自転車に乗ろうとしているではないか。

 

「いやいや、ちょっとちょっと、おばあさん。」

5mも離れてないのでよほど僕がボーっとしてない限りすぐに追いつくし、おばあさんもかなりゆっくりだったので、というかおばあさんが盗もうとした僕の自転車は27インチと、彼女には大きすぎたから思ったように乗れなかったのだろう。

 

僕の声を聞いたおばあさんは観念したのか、自転車を止め直して、僕の正面を向き、

 

「フヮーーー、ごめんなさい、ごめんなさい! ホントにゴメンなさい!」

と、謝って来るのだ。

未遂に終わったから、別に注意だけして帰ろうと思ったのだが、おばあさんの言葉が終わらない。

「ワタシ、◯◯(忘れた)に住んでるんやけど、あそこから歩いて帰ろうと思ったんやけど、思ったより時間もかかって、遠かったもんやから! ホンマに許して! ホンマに、ホンマに、フヮーー!」

※ちなみに「フヮーー」はおばあさんの口癖みたいにリフレインしてる

 

「いや、あの、」

 

「フヮーーー、許してください。許してください、ゆるしてくんなーせ、ゆるしてくんなーせ」

と言われたところで、思わず、

「どこ出身やねん」

と軽く突っ込んでしまった。

 

あまりにも大きな声でおばあさんが僕に謝るものだから、すごい僕周りが気になって来た。

もともとこのやり取りを今、僕とおばあさんを見ている人たちにはもしかすると、僕がおばあさんを虐待してるんじゃないかと勘ぐってしまうんじゃなかろうかと。

 

「いや、おばあさん、もう分かったから。とりあえず僕の話を聞いてください」と言い切りかけたその瞬間、

 

「ちょっと何してるんですか?」

と僕よりかは10以上若そうな男の子と可愛らしい女の子のカップルが僕に話しかけてくるではないか。

 

男の子は、

「おばあさん、何かあったん?」と聞いた瞬間、

 

婆「フヮーーー! ワタシが悪いんです。ワタシが悪いんです。許してください、許してくんなーせー、アーーー」と泣き始めたのだ。

 

いや説明してよ、ってずっと思ったのだが、後の祭り。カップルの男の子は、

「おばあさん、こんなに怯えてるじゃないですか? 何があったんですか?」と正義心よろしく僕に怪訝そうな表情を見せながら問いつめようとしている。

 

えっ何?もしかして悪者は僕?って思いながら、

「いや、このおばあさんが俺の自転車を・・・・」

と言いかけたところで、

 

婆「アーーーーー====! 許してください!」

と僕の腕を掴み離さないのだ。

 

そこで、一瞬俯瞰になり、笑ってしまったのが僕の悪いところ。

 

最終的には警察まで行って説明させられました。

 

ええ、僕はあのおばあさんを許さない。

 

いたずらおばあさん

いたずらおばあさん

 

 

久しぶりの更新がこうだもの

上司から、

「オゼキくん、今から30分以内でトイレ行く可能性あるか?」

って、もう少しで、

 

「それは僕のチンコと膀胱に聞いてください」

って言うところだったわ。

 

【第2類医薬品】ユリナールb 60錠

【第2類医薬品】ユリナールb 60錠

 

 

いやホンマになってどうすんねん

ひきつよすぎ ozkkzht.hatenadiary.jp

news.yahoo.co.jp

ジョニー

A「う〜ん」

B「どうしたんですか? あっ、さっき怒られたこと気にしてるんですか?」

A「へ?」

B「すごい剣幕で怒って出て行きましたよ、すいませんね、マスター。Aさんがご迷惑かけて」

マスター「いえいえ」

A「だってよ、すごい久しぶりにこの店に来たんだよ、あの人。最初雰囲気変わってたから一瞬分からなかったけど、あっ!てなもんですぐ分かったんだけど、フェルトハット被って、

f:id:ozkkzht:20171020194114j:plain

 

丸型のメガネかけてて、ちょっと口とアゴにヒゲ生やしちゃったりしちゃってさ、あのハリウッド俳優の名前言ってくれみたいな空気を感じたからさ、『Dさん、まるでジョニーデップならぬ、ジョニーデッパですね』って言ったら怒って出て行ったんだよ。言葉にならない言葉を吐いて」

B「そりゃ、ジョニーデップになりたいんだからデッパって言われちゃ怒るでしょ」

A「だって出っ歯なんだもん! Dさん。嘘付けないじゃん」

B「そこは褒めてあげないと。ね?マスター」

A「マスターだって俺が言ったとき笑いこらえてたじゃん! ていうかあんな格好今時ジョニーデップでもしないだろ! 古いよ」

マスター「でもDさんはもしかしたらイメチェンしたくて一念発起して、あれだけ揃えて、どう言われるだろう?ってテストのつもりでこの店へ来てくれたのかもしれませんからね〜」

A「だから出っ歯って言ってやったんだよ。だめだよ甘やかしちゃ」

B「じゃ、なんで悩んでたんですか?」

A「それだよ。これ見てよ」(スマホをいじる)

記念事業 | 大政奉還150周年記念プロジェクト ― 歴史に学び 地域でつながり 未来に活かす ―

B「大政奉還150周年? これがどうかしたんですか?」

A「そもそも150周年ってなんなんだ? 記念て。祝うものなのか? ちょっと何かイベント作りたくて漁ったら大政奉還出て来た感がすごくない?」

B「ん〜、周年自体の漢字の意味としては特に祝うっていうことじゃないからアレですけどね、確かに『記念』っていうのは違和感を感じるかも」

A「だろ? 何やるの? 歴史を深く知ろうっていうことならいいけど、スタンプラリーとかやるんだぜ? もう観光地としてマヒしてんじゃないの?」

B「そういえば、こないだ駅で周山の観光案内ポスターがあったなあ、あんなとこ、観光客が言って喜ぶんだろうかって思いましたけど」

A「もう真新しい観光地がないんだよ。でももっと掘り下げていきゃあいいのに、新しい場所ってやるからおかしなことになるんだよな」

B「まあ、祝いたい人もいるんじゃないですか?」

A「別にそれはいいのかもしれないけど、そういう観光ばかり力を入れて、市民がないがしろにされてないか?って俺は思うわけよ」

B「ああ」

A「俺の友だちでさ、住んでる家の近くにゲストハウスがあるらしいんだけど、夜中でも大きな声で話はするわ、キャリーバッグの音はうるさいわで苦情を何度も入れてるんだけど、改善されてないんだってさ」

B「それは嫌ですね。衣食住の邪魔をされるとイライラしますもんね」

A「だろ? そういう整備はないがしろにしてじゃんじゃんゲストハウスやら民泊やらしてるんだぜ。ちょっと何かが違うような気がするんだよな〜。って俺は悩んでるわけよ」

B「Aさんにしてはなかなか真摯な悩みですね」

 

〜ジョニーデップ風の格好をした別の客(E)が来店〜

 

マスター「いらっしゃい、ああ、久しぶりです」

E「久しぶり 笑」

A「ああ、Eさん、最初分からなかったよ! Eさんイメチェン? ジョニーデップ? ジョニーデップというよりはジョニーデッブですよね!」

E「のはうしょいうあbcんふぃうえはうえいへbふぁーーーー!」

バタン

B「全然学んでない」

 

 

俺たちの時代 3

A「俺、『まぶしがりや』なんだ」

B「へ?」

A「えっ? あっ」

 

A「俺、『まぶしがりや』なんだ」

B「ええ、Aさんの声もちゃんと聞こえてますし、言わんとしたい事も意味を聞かないでもわかりますよ。でも『へ?』と答えたんですけど」

A「俺さ、コンタクトじゃない? だからなのかな〜、夜になると、、、」

B「僕の質問は無視ですか?」

A「うん。夜になると、街灯や車のライト、いろいろ明かりが点いている、まあ当たり前なんだけど、その光のところがハレーションっていうの? まぶしいんだよね」

A「だから、『まぶしがりや』。高橋克典と同類。」

f:id:ozkkzht:20171018184812j:plainまぶしがりや代表

B「高橋克典はまぶしがりやのカテゴリーなんですか?」

A「えっ、だっていつもまぶしそうじゃない?」

C「まあ、目が細いからそう見えなくはないかな」

B「Cサンまで。Aさんを甘やかしちゃダメですよ。すぐ調子に乗るんだから」

A「あと、アレ、車の運転してて、いや、運転してなくても、対向車のハイビーム! すごいまぶしくて、ぶん殴ってやろうかと思うくらい」

C「たまに信号待ちでハイビームしたままで、その信号待ってる間、ずっとまぶしいよね」

B「それはわかります」

C「あと、片方は普通なんだけど、もう片方だけハイビームになってるやるもあるよね?」

A「ああ、ヌマケンだろ?」

B「ヌマケン?」

A「そう、ヌマケンさんみたいじゃないか」

C「ああ、新沼謙治ね」

f:id:ozkkzht:20171018184726j:plainヌマケンさん

B「なんで今日は心が通じ合ってるんだろ? あと新沼謙治をヌマケンと呼ぶ程ポップじゃないと思うんですけど」

A「アレ本ん当ーっにやめてほしい! 街灯も点いてて割と明るいのに何が見えないんだろ? ていうか何が見たいんだろ?」

C「よほど暗い道ならわかるけどね」

A「俺たちの時代はさ、暗い道でハイビームしてて、対向車なんかきたらすっとロービームに戻すっていうのは最低限のマナーだったよな」

B「確かにそういうのは今はないのかもしれないですけどね。」

A「今じゃ逆にハイビームにしなさいってどっかの政治家がのたうち回って言うもんだから、それを鵜呑みにした愚民どもは皆ハイビームよ」

B「愚民って」

A「愚民だよ! 俺はまぶしいの! まぶしくないように生きたいの! もうまぶしいのはゴメンなんだよ!」

B「後光効果って知ってます?」

C「ああ、太陽の光をバックにってやつ?」

B「そうです。あれは心理的に効くらしいですよね。プレゼンなんかでも生きるらしい」

A「俺は後光は欲しくないけど嫁さんは欲しいよ」

f:id:ozkkzht:20171018185741j:plain

 

嫁に来ないか

嫁に来ないか

  • provided courtesy of iTunes

 

ちょっと叡電のひえいがかっこいいんですけど

eizandensha.co.jp

f:id:ozkkzht:20171003162034j:plain

別に電車オタクでもないんですけど、すごくいいじゃないですか?コレ。

まだ実車で見てないので実車だと「ん? ああ……」感が増すのかもしれないですけど。

少し乗ってみたいですよね?