レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

東方神起 2

どうして・・・右のケツポケにレシートやゴミがたまっているんだろう?
出しても出してもなくならないずっと
ティッシュがとれない
 
でも一気につかんで捨てようとしたら
 
どうして・・・そんな時に限ってお金があるんだろう?
僕の右のケツポケはいつもパンパン・・・重い
鼻水が止まらないのに(もう間に合わない)

 

 

東方神起 1

どうして・・・こんな場所でWi-Fiきいているんだろう?

こんな時に限ってWi-Fiきいてずっと

うまくアプリがつながらない

 

でも無理やりリセットしたら

 

どうして・・・あんな遠いところのWi-Fiなんだろう?

もっと近くにWi-Fiあるのに・・・重い

うまくアプリがつながらない(もう届かない)

 

 

 

映画「ジョーカー」にて

曰く、アンパンマンの世界は妖精の国だという。

唯一人間っぽく見えるジャムおじさんや、バタコさんも妖精だという。

ジャムおじさんは子どもたちやお腹を空かせて困っている人にパンを作り、分け与え、誰もが飢えない、豊かな国になるように尽力してきた。

だが、どうしても目の行き届かない旅人や僻地にいる者たちは見落としてしまう。そんな問題を解決したいと常日頃、思案していたところ、アンパンマンが生まれるのだ。

アンパンマンはそんなジャムおじさんの願いをいとも簡単に叶え、妖精の国に平和な日々が永劫続くのだ。

何かの責にかられて生まれるのが妖精の国だとすると、バイキンマンの場合はどうなのだろう。

恐らく、歯磨きをしなかった者がある日虫歯に苦しみ生まれたのがバイキンマンなのだろう。

あらゆるどんな生物が新しく生まれるというのは無垢だ。

当然バイキンマンも生まれた当時は純真無垢で生まれたのだろう。

だが、大きくなるにつれ同じ年齢の友だちができるも、その友だちの親などに「あの子はバイキンだから、遊んだらダメ」と諭されたのだろう。

バイキンマンの周りにはすぐに誰もいなくなった。

何がいけないのだろう。

みんなと同じく、僕はただ、生まれただけなのに、どうしてみんなは僕を嫌うのだろう、どうして僕から離れていくのだろう。

自覚がないままふさぎ込むバイキンマン

ある日、一人で遊んでいると近づいてきた者がいた。

相手はバイキンマンだと知らず「一緒に遊ぼう」と言ってくる。

一緒に遊びたいのはヤマヤマなのだが、どうせ、また、自分から離れていく。どんなに仲良くなっても自分はそういう宿命なのだと言い聞かせ、バイキンマンはその近づいてきた者を苛め、突き放すのだ。

その者は一方的に苛められたと思い、反撃をしようにもできず泣いているところ、その姿を見た通りすがりのアンパンマンバイキンマンをこらしめるのだ。

次の日も、次の日も、何かイタズラをしては現れるアンパンマン

そうだ、僕の生きる道とは、こういうことなのじゃないか!!

僕はもう寂しくない。アンパンマンが来てくれるから、、、

やがてドキンちゃんやカビルンルンなどの仲間も増えたバイキンマン

バイキンマンが生まれたのとアンパンマンが生まれるのは必然であり、善とは悪がいるから成り立つものだということをジャムおじさんが教示しているのではないだろうか。

 

という事をジョーカーの公開前に考えてたんですけど、そんな映画ですかね?

 

アンパンマンも詳しく知らないですのですいません。

 

絶望の隣は希望です!

絶望の隣は希望です!

 

 

35歳女、聞き間違いで男性を刺す

12日未明、京都市下京区にて女が男性を刺す事件が起き傷害の容疑で逮捕された。

逮捕されたのは京都市中京区在住、賀集夏子(かしゅうなつこ)容疑者 35歳。

賀集容疑者はSNSで知り合った男性に突然逆上し、男性を刺したとみられる。男性は数日前に来日し、京都を訪れたばかりのモロッコ人で、命に別条はない様子。

 

事件の経緯

賀集容疑者の取り調べとモロッコ人男性の話によると、SNSで共通の趣味を通じて出会い、お互い片言の英語で会話をしながら、来日する予定があったので是非会おうとするも、モロッコ人が「自分はフランス人だ」と嘘をついていたため、今回の事件につながったという。

賀集容疑者は「フランス人にしてはマドレーヌ感がない」と意味不明な発言を勤め先の同僚に話していたという。

一方モロッコ人男性は「会えば自分がフランス人じゃないことを話そうと思っていた」と語るも、賀集容疑者が「ボンジュール」と話しかけたため、本当のことが言えず、事件が起きるまでフランス人を装っていたという。

下京区の飲食店で食事をしたが、片言なのであまり話が弾んだ様子はなく、店内では別段変わった様子もなかったとのこと。

賀集容疑者が逆上したのはモロッコ人男性が泊まるホテルの前で解散する前だった。

ロッコ人男性と賀集容疑者がタクシーから降り、モロッコ人男性が何か言葉を発した瞬間、賀集容疑者が途中寄ったコンビニエンスストアで購入したカッターナイフを取り出し、男性に切りつけたという。

男性は避けようとしたが首元にカッターナイフが刺さり、呻いているところを駆け付けたホテルマンが賀集容疑者を取り押さえ事なきを得た。

取材に答えた当時の現場の様子は「女性が『もう我慢ならない』と叫んでいた」とホテルマンは語る。

 

お互いの供述に違い

ロッコ人男性によると「急に女性(賀集容疑者)が叫び出し、刺して来た」と語るが、賀集容疑者は最初に男性と訪れた飲食店から男から「うるせーボケ!」と罵られていたと供述している。

その供述をモロッコ人男性に尋ねると「言っていない」と語る。

 

じゃあ何がきっかけなのか

ロッコ人男性は次のように語る。

「うるせーボケ」とは言っていないが、少しでもフランス人っぽく見せようと

「メルシーボク」は何度も言っていた、と。

 

聞き間違いが原因か

ロッコ人男性によると「自分はフランス人ではないしフランス語も話せないので発音がおかしかったのかも」と語るが、賀集容疑者も片言の英語しか話せないのに日本語で「うるせーボケ」と男性が話すのは逆におかしくはなかったのだろうか。

 

賀集容疑者の生い立ち

賀集容疑者は既婚者で10年前に結婚、子供には恵まれてないが、生まれた時から京都市で育ち、近所の評判も上々だったと幼少より育った京都市中京区の近隣住民は語る。

なっちゃん」と同級生たちにも親しまれ、とても明るい性格だったという。

しかし性格が一変したのは結婚後だという。

結婚した後、勤務先の後輩が発した「●●(旧姓)さん、結婚したらカシューナッツですね」という一言で少々塞ぎ込みがちになったと勤務先の同僚が語る。

たまに開かれる飲み会の二次会でバーに行き、出されたカシューナッツを見ると何かブツブツと語り出し、最後は泣き出すといった顛末。〜〜〜〜〜

 

っていう事件起こるんじゃないかなあと毎日考えています。

 

 

頑張れ! セルエチさん!

正直、昨日のサッカーよりこないだのラグビーの方が面白かったよね。

ラモスと一緒に大興奮だったもんね。

あの屈強な男たちのくんずほぐれつもつれ合う酒池肉林のようなワンダーランドが世界で放送されているかと思うと、「じゅん」ってきちゃうよね。

 

今のモリヤスーの指揮するサッカーは固いんだけど面白くないね。ファンタジーがない。選手も地味。

まあ地味で選手の実力を推し量るわけではないのでそれでいい部分も大きくはあるけど、今のモリヤスージャパンならまだ前のニーシノジャパンの時の方が魅力はあったよね。

ラモスは昨日のトゥルクメ?トゥトゥルク?トゥクトゥクメニ?トルクメニスタン戦の後半の途中で「つまんないよ!」ってモニターぶっ壊してたもんね。

それにひきかえラグビーは、、、おっと、思わずよだれが出ちゃったよ。

 

クポ(童貞)はどうしてもマスコミ寄りの報道になっちゃうね。

別に出なくてもいいのにね。

モリヤスーもスポンサーなのか電通なのか分からないけど気を使って数分だけだけどクポ(童貞)を使ってるもんね。クポ(童貞)もあんな使われ方されるんだったらU-22代表にでも同行してる方が良かったなんて思ってるんじゃないかな。

 

まあ何はともあれ次は南アフリカ戦だね。南アフリカ戦もクポ(童貞)はスタメンでは出ないだろうけど、リーチマイケルが、マイケル理一が出るから今からとても楽しみだね。

 

独裁国家に行ってきた

独裁国家に行ってきた

 

 

それだけの話

自転車のブレーキがね、すごく鳴くんです。

そりゃ、雨でも職場の横にさらしたままだし、さびてきてるし、油も足りないからなんでしょうけど、だから信号とかで止まると大きな音で

キーーーッ

って鳴くからちょっとだけ恥ずかしいというか。

 

昨日の帰りに職場から駅までいつものように帰ってたんですね。

曲がり角なんかで出会い頭ってあるじゃないですか。

特に京都駅周りなんて今外国人街かっていうくらい外国人で溢れているし、なかなか道を往来するのも大変だったりするんですけど。

左に曲がろうとしてたんですね。

駅周りは夜でもとても明るいし、見通しも良かったりするんですけど、とある箇所で少し薄暗くなるところがあるんですよね。

ちょうどそこに入るために左に曲がったら、女の子二人組と出会い頭にぶつかりそうになって。

一人は、「ワッ」ってな感じのリアクションだったんですけど、

もう一人の女の子がすごいビックリしちゃって。

もう胸を抑えながら、

「我急的自転車来門高羅心臓止思,回鍋肉」(自転車が急に来たから心臓が止まるかと思ったわ、ホイコーロー

って、ゼェゼェ激しく過呼吸になりながら言ったんです。

それだけの話。

なんだかなぁ

f:id:ozkkzht:20191004184657j:plain

阿藤快さん 最初は海だった

日常でなんだかなぁって思うこと、いっぱいあるでしょ?

昨日のエントリーしたラグビーブームなんかもそうだし、

ほら、火曜日くらいに、夜すごい雷鳴ってたのね。

ちょうど職場から帰る時間で。

おじさんになってから雷だんだんだんだん怖くなっちゃって。

雨はそんなに降ってないし、急いで帰ろうかと思ってたら、自転車に乗り始めた途端にちょっと雨がきつくなっちゃって。

うわーやだなあ、傘ささないとなあなんて思って、でも、

ピカッ

って来るもんだから、早く駅に着かなきゃなんて

思って、傘を差しながら、自転車を全力でこいでたのね。

ピカッ

って。本当もう生きた心地しなかったもん。早く、早く、早くって信号待ちして青に変わった時に、ちょうど信号で止まってるパトカーから

「ピーッ、はい、自転車の人、傘を差しながらの運転は危険なのでお止めください。傘をさすときは自転車を降りて、歩いてください」

なんて言うもんだから、

「こっちは雷で急いどるんじゃ、ボケッ」

っていうアシュラマンでいうと怒り。

f:id:ozkkzht:20191004185519j:plain

怒り

もう全部怒っちゃったみたいな顔で見てたんだけど。

なんだかなぁって。

 

ほんと、なんだかなぁって。

 

なんだかなぁ