読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

結婚をする上で一番大変なのは住んでるところの社会生活じゃないだろうか

僕が一番今壁にぶちあたっているテーマである。

もともと、協調性に欠ける性格なもので、全てクリアにしようとも思ってはいないが、ぶっちゃけて言うと、未だに滋賀県での暮らしに馴染んでない。

京都に戻りたいとも思わないが、この馴染んでない感は脱却したいと常々思っている。

奥さんは元々の実家へ帰ってきたようなもんだし、子どもたちは、そもそもの性格もあろうけど、そこで育っている最中なわけだから、友だちもできる(た)し、逆にこれから先の社会生活に不安もあるだろうが、期待もある。

もっと軽いというか、くだけて人付き合いができるタイプなら良かったのだろうが、これだけはもう41年間も生きてきて染み付いている性格なので仕方がない。

自分でも心を開くのにえらい時間がかかるなあと嘆いている。

結婚とは社会生活である。

でも正直しんどい。

 

人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本 (中経の文庫)