読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

喫煙者はもう時代遅れなのだろうか

全国的に居酒屋などの飲食店での喫煙を禁煙化とする方針を国から求めるらしい。

それにより、個人経営などの居酒屋、スナックなどは「客が来なくなる」などの理由を元に、抗議する方針だ。

 

単純に全面禁煙化となれば「足が遠のく」となるのかもしれないが、それは喫煙している側の意見であって、もともとタバコを吸っていない人にとっては「自分たちの健康が他人のせいで悪くなる」という防止を取れることになる。

 

今までが喫煙者の「非喫煙者に対する配慮」が足りなかったのかもしれない。

 

僕は喫煙者だ。

日ごとますます喫煙への肩身が狭くなる中、公共の喫煙所に集う人たちには人ならぬ親近感も少なからず湧いてくる。その場にいる人全員を誘ってそれこそ飲みに行きたい。

僕自身はまだアイコスなどの無煙(?)タバコを持っていないのでそれがどこまで効力を示しているのかは分からないが、今のところ最善の道としてはそれしかないのかなと感じたり、もしくはやはり禁煙しないといけないのかとも思ったり。

「自分の健康の為に、やめたら?」と言われるが、健康のためにやめることなど到底できない。本当に病気になったら止めるのかもしれないけど。

 

もうしばらくは、考えさせられる日が続きそうだ。


ウルフルズ - どうでもよすぎ