読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

日本で一番ゲスい小咄

あるところにそれはそれは仲の良い夫婦がいて、

 

ある時に、ご主人が事故で急死してしまったんだそうな。

 

通夜、葬儀と参列した時、夫人は大層落ち込んで、涙が乾く間もないくらい、ずっと泣いていた。

 

葬儀が終わり、火葬場を経て、墓へ納骨をした後、皆が線香をあげた最後、ご夫人は何を思ったのか、

来ている喪服の着物をたくし上げ、下半身をあらわにし、その股をご主人が眠る墓石にこすりつけるじゃありませんか。

 

私たちはギョっとして、気でも狂れたのかと「何をしてるの!」と止めるように呼びかけたら、ご夫人は泣きながら、

 

「ええ、ええ、私は主人を愛しています。それでね、おせんこうのせんじゃ足りないから、おまんこうを」

 

という小咄。

筋はだいたい覚えてた。

 

 

 この人↓

落語の極 平成名人10人衆 鈴々舎馬風 [DVD]

落語の極 平成名人10人衆 鈴々舎馬風 [DVD]