読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

なぜオーヤンだけなのか

アイデンティティという言葉がある。

これを音読してほしい。

 

アイデンティティ

 

「ティティ」というところを殆どの人はおおよそ一文字発音で読むだろう。

アイデンティティ

ティティがなめらかに言えると、とてもかしこく聞こえる。

洋菓子に例えると生クリームのようななめらかさ。

 

次にこちらを音読してほしい。

 

オーヤンフィフィ

 

もちろん欧陽菲菲のことを申しているのだが、音読したら、フィフィが「フイフイ」になっていないだろうか。

二文字音読である。

私は未だかつて欧陽菲菲を「フィフィ」となめらかに言っている人を知らない。「フイフイ」が圧倒的多数だ。

絶妙なタイミングであればピューと口笛さえも出てしまいそうな語彙、フイフイ。

彼女は本当は「フィフィ」と読んで欲しいのにみんながなぜか「フイフイ」と呼ぶから、遠く台湾から右も左もわからない日本で、いつもニコニコしているけど、日本のみんなもやさしくしてくれるけど、でもみんな「フイフイ」と言う。彼女は一人楽屋で涙しているのを作詞、作曲家でもある伊藤薫が見つけ、作り上げたシングルが「ラヴ・イズ・オーヴァー」だ。

このタイトルも見て欲しい。

「ラブ」が「ラヴ」、「オーバー」が「オーヴァー」とひとひねり加えているのも意味深だ。

 

それは歌詞の中にも欧陽菲菲の「フィフィ=フイフイ論」に対する結論だとも言われている。

 

ラヴ・イズ・オーヴァー 悲しいけれど 終わりにしよう キリがないから


Love is over 歐陽菲菲

 

ラヴ・イズ・オーヴァー

ラヴ・イズ・オーヴァー