読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

新規開拓

4月に鉄道博物館がオープンするらしく、今年のトレンド予想の何位かにも入ってたなあと思い出したんだけど、鉄道オタクって調べてみると36種類にも分類されるらしい。

 

撮り鉄、音鉄、乗り鉄、降り鉄、受信鉄、車両鉄、模型鉄、蒐集鉄、押し鉄、時刻表鉄、駅鉄、廃線鉄、配線鉄、線路鉄、配備鉄、運転鉄、保安鉄、歴史鉄、描き鉄、架空鉄、駅弁鉄、チビ鉄、ママ鉄、会社鉄、海外鉄、法規鉄、葬式鉄、軍事鉄、哲学鉄、鉄警鉄、SL鉄、ゲーム鉄、寝鉄、駅寝鉄、盗り鉄、クズ鉄


受信鉄は「鉄道無線を傍受することに楽しみを見出す鉄オタ」、架空鉄は「想像上の鉄道線路を作ることに楽しみを見出す鉄オタ」、会社鉄は「鉄道会社について研究したり、株を購入したりすることに楽しみを見出す鉄オタ」らしい。
もうここまでくると意味がわからない。単に鉄道つながりで自分に関係するもの感が否めない。
ので、ここに一石を投じるべく、僕も何かの「鉄オタ」になってやろうと。でもこれから調べたり集めたりするのも気が引けるし、ましてや電車なんて通勤に使ってるけど全く興味がないのでお金のかからない、新たな分野の鉄オタになれやしないものかと考えて、2つ浮かびました。
1.あり鉄・・・・・・テレビで電車の廃止のラストランの日に鉄オタの人たちが電車に向かって「ありがとう〜」「ありがとう〜」って言ってたので僕に置き換えたら、飲み会に行って、終電に間に合うかどうかみたいな時間にギリギリ乗ることができて、降りる駅に着いた後に走っていく電車に向かって「ありがとう〜」って言うっていう鉄オタ。もしくはその時間ギリギリに間に合わせてくれたタクシーに向かって。
2.見る鉄・・・・・・自分好みの女性を電車に乗っている間ずっと見てる。(あんまり見すぎるとチカン鉄になる)

 

 

 

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

  • 不可思議/wonderboy
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥200