読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

夢 ~ボサノヴァmix~

ある日ほろ酔い気分で電車に乗り込んだんです。

すると、一人の小学生の男の子が塾帰りなのか、こんな遅い時間に、大変だな、なんて思っている内に扉が閉まり僕とその少年を乗せた電車が走り出したんです。

 

静かな車内、少年はカバンの中からおもむろにスマートフォンを出すと、軽快に指を動かして遊んでいるよう。その瞬間静寂な車内から聞こえた割と大きめな

 

「オッス、オラ悟空!」

 

というセリフ。その少年のスマートフォンから聞こえるではありませんか。

 

一度だけなら良いですよ、一度だけなら車内にいるドラゴンボールを知る人なら頭の中に「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が流れるだけで済んだんですけど、まるでジャズのリズムでも刻むように

 

「オッス、オラ悟空!」

 

って何回もいうもんだから、ああ、新しい洗脳商法だな、新手のステルスマーケティングなんだなって思ったんです。

 

その晩、夢を見たんです。ドラゴンボールの夢を。

 

僕が悟空に闘いを挑む、そんなシーンだったと記憶します。

 

お互い攻撃を繰り出すも決め手に欠け「やるな」とばかりに顔を見合わせニヤついた時でした。

 

悟空が「オメェ、ちょっと待ってくれ」って、

 

40手前のおっさんを敬語を使わないばかりかオメェ呼ばわりするなんてちょっとムカッとしたんですけど、言われた通りちょっと待ってやると、悟空が上着を脱ぎ捨て上半身裸になるじゃないですか。

 

「これ、着てっと、動きづらくてな」と重りの入った黒い服を脱いだので、僕もしてやったりと思ったのか、

 

「俺も」といい僕も服を脱ぎ捨てたんです。あ、僕が着てたのはジャージだったんでなんの意味もないんですが。

 

すると悟空、

 

「ヒョエ~、クリー、クッリー!」と。

 

まるで取り憑かれたように、「クリー、クリー」と言うもんですから、

僕もしばらく考えました。何を言っているんだ、と。

 

察しました。ハハンと。ここだなって。

 

「それは、クリリンのことかー!!」

f:id:ozkkzht:20150302161014j:plain

って20年くらい出してない大声で叫びました。

 

クリリンのことかー!ですよね。

これには悟空も面食らったろうって顔を見たら、

 

キョトンとしてるんです。鳥山明つながりでいうとアラレちゃんでいう「ほよ」って顔ですよね。

 

で、悟空は言うんです。

 

悟空「違えよ。」

 

「えっ?」

 

悟空「お前ぇのチクビがクリー(黒い)って言ったんだ。お前ぇ、しこたま遊んでんだな!」

 

黒くないし。全然遊んでないし。

 

 

スパーキング!!!