読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レバ刺しを食わせろ

思ったことを間違ったまま書いている

飲みこもうと思ったけど吐き出すことにした

文句 日常

2月の下旬に差し掛かる頃、一人のお客さんがきた。

近くの飲食を営んでいる方で、12月に閉店をしたからその通知のはがきを出さないといけないとのこと、2月中には出したいから、何とか急ぎでやってくれないか、と。

特に難しい仕事でもないので大丈夫だろうと踏んでその場で金額も提示し、ハガキ代も立て替えないといけないから、急いでやりますと申し上げた。

と言っても、仕事は詰まっていたので何とか時間を割き翌日にFAXで校正を提出したのだけれども。

FAXを送った後、1時間は経っただろうかすぐ電話があり、

「変更があるから少し待ってくれ」とのこと。

そこから1週間全く連絡が来なかった。

その電話に出たのが僕ではなくもう一人のおばちゃんなのだが、その電話があったことを聞いてから「なんかきな臭いな」と感じていた。

2月中と言われていたまま連絡が来なかったが、すぐ修正してすぐ印刷にとりかかろうとはがきは購入していた。だが連絡がないまま3月に入ってしまった。

だいたいどういうことなのか想像がついたが、連絡を一つもよこさないでうやむやにしようという姿勢が許せず、今度は僕から電話をしてみたのが3月初日。

返ってきた言葉が、想像通り、

「キャンセルで」。

それは分かっていたし、先に購入したはがきだってどうにでもなるっちゃなるけど、すごくその身勝手な言い様に腹が立ち、

「お急ぎだと言われていたのではがきも購入して準備していたのですけど」

と言ってしまった。

すると相手が「どういうことだ、まだ発注はしてないけど」とのたまう。

「発注はお客さんが来られたときに、原稿もいただいて、枚数も確認して、納期もお聞きして、『じゃあFAXで一度文字組したものをお送りします』と申し上げたのに、発注していないとおっしゃるんですか?」と僕。

「レイアウトが気に入らないからキャンセルと言ってるんだ」と相手。

「レイアウト気に入る、気に入らないはともかく、あの時点で発注を受けた状態なのでそれの対価はいただかないと、それが取り引きじゃないですか?」と僕。さらに、

「じゃあ、お客さんの店に来られた人が『焼きそば1人前』って頼んで、焼きそばを作った後に『やっぱりおいしそうじゃないからいらない』って言われたらお金取らないんですか?僕なら取ります」と。

ここがまずかった。相手の逆鱗に触れたのだ。

「じゃあ、お前いくら払たらええねん!」と怒号。

「そういうことを申し上げているんじゃありません。もちろん金額が高い、低いということでもないんです」と僕。

 

と、ここまで書いたけど、僕は何を言いたかったのか、というのは、

「最低限のモラルの問題」

後々に相手のお客さんは正直に言われたのだが、

・発注をした後に子どもがはがきぐらいだったら家のパソコンでやってあげると言われた。

・その後そちらから連絡がなかったのでうやむやにできると思っていた。

と、正直に言われ、謝罪も受けたので、改めてキャンセルということになった。

 

正直、代金ももらいたかったけど、初めての発注ということでもなかったのと、こちらの落ち度もなかったかと言われるとそうでもないので無償にした。

 

今でも思い出すとカーッとなるが、こういうこともあるだろうと思い過ごすようにしたが、別のお客さんで同じようにうやむやにされそうだったので思い出してしまい(なんて嫌なトラウマ)、今未然に防ごうと必死なのである。

上記の連絡のやりとりはもっと時間を費やしたし、お互い売り言葉に買い言葉の状態にもなったことは自分としては反省している。

あ〜忘れさせてよ〜(泣)

 

SHIKI お徳用はがき PC50-5P 50枚入 5冊パック

SHIKI お徳用はがき PC50-5P 50枚入 5冊パック

 

 

みなさん、セコムしてますか?

日常

えっしてない?

じゃあ、ポケモンGOしてますか?

f:id:ozkkzht:20170310170505j:plain

僕はしてます。今でも。

というのも、子どもがポケモンにはまったから、というのが主な理由で、僕が休みの日には、子どもに携帯を持たせて、ずっとポケモンGOをやっている次第です。

 

だから、モンスターボールの消費が追いつかなくて、1ヶ月ほど前、とうとうポケモンGOプラスというのを買いました。

 

 普段はあまりやらないけど、モンスターボールは取っておかないといけない僕にとってはとても素晴しい商品で、ボタンを押すだけで、ポケストップの道具を取ってくれる。ただ、モンスターが現れたら、先に処理をしておかないとポケストップの道具が取れないので、モンスターが出てきては押し、出てきては押しを繰り返す。

一息ついてから何が取れたかを見て、また仕事帰りに自転車に乗りながらセンサーが反応しては押しの繰り返し。

毎日同じ場所を行き来しているので、同じポケモンGOをやっている人たちにとっては、あいつがいつも通った後はモンスター達が根こそぎなくなっている、いわば、「南区のルンバ」と異名を付けられるくらいにまでなりました。

 

 ただ、いつも取れるモンスターがネズミとハトとクモばかりなので父親の地位は下がるばかり。だれかレアなモンスターを教えて下さい。

 

じっと見つめる

日常 京都

車の往来が少ない交差点の信号待ちで、信号無視をする女性がいる。

いや、信号無視を非難しようとは到底思っていない。

僕だって車がよほど来る気配がないときは信号無視をする。ただ、いつも急ぐことがあまりないのでゆっくりしているだけだが、僕がいつも通るその交差点はよほど車の往来が少ないのだ。

話は戻って、その信号無視をする女性を僕はじっと見つめる。

じっと見つめている。

とても気まずそうに小走りをし始める女性もいれば、

「えっ、何? あっし? あっしのこと見てんの? 何?」みたいな顔で私はあなたのことなんか気にしてませんよ的な顔で通る女性もいる。

そういう顔を見るのがとても好きなのだ。

 

って途中まで書いたが少し変態だなと思ったのでもうこれ以上書かない。

 

 

最新版 なんでこれが交通違反なの!?

最新版 なんでこれが交通違反なの!?

 

 

ジョニーの話を盗られた話

思い出し

以前、ロッテに黒木というピッチャーがいて、「ジョニー」という愛称で人気のあった当時のエースである。

f:id:ozkkzht:20170310121532j:plain

チームの15連敗中に先発した黒木は1点リードのまま9回を迎えてマウンドに立つが、あと少しで連敗脱出を目前に、同点のホームランを打たれてしまう。

あまりのショックにマウンド上に座り込み、涙を流してしまったジョニー。

f:id:ozkkzht:20170310121817j:plain

チームメイトが励ますも、結果は延長に点を取られてそのまま16連敗に。

というエピソード。

 

当時僕は、とある居酒屋のオフィスに間借りをし、仕事をしていたのだが、その居酒屋の経理担当の人とよく野球の話をしていた。

上記のエピソードがあった翌日、当然のようにその人とジョニーの話になったのだが、その人がいうには、

・プロのくせにマウンドで泣くなんて失格だ

・男はじっと耐えなければいけない

みたいなことを言うもんだから、反対に僕は、

「プロだけど、チームのために泣くなんて人間らしくていいじゃないですか。そういう普段観れない場面が観れると野球っておもしろいなあって思いますけど」

と反論した。

 

その時はその人も「う〜ん、そうかな? 僕はそう思わないからなあ」と答えたのだが、しばらく1週間だっただろうか、いやもっと経ったのだろうか、いつものように野球の話になった時、その人が

 

「そう言えば、あのロッテの黒木が、9回にホームランを打たれてマウンド上で男泣きしたあのシーン、オゼキくん覚えてる? あれは男として人間味があって、好感がもてるねえ」

 

あれ? それ、その話、俺の、俺のジョニーの気持ちのヤツ!

 

完全に盗られた。しかも言った本人に言ってくるとは。

ほら、僕はやさしいから。十字架を背負ってゴルゴダの丘へ登っているイエスにその十字架をチョイ持ちしたっていう逸話もある僕だから、「それ僕の!」って言わなかったけど。

 

その人その会社を退職したって聞いたけど、何をしてるのかなぁ。

答え

思いつき

f:id:ozkkzht:20170303151250j:plain

シュート観とく(周富徳

ちなみに弟も

f:id:ozkkzht:20170303151444j:plain

シュート観てる(周富輝)

 

なんかすみません

 

 

ozkkzht.hatenadiary.jp

 

琴線にふれる

音楽


Fast car -Tracy Chapman

確か、クリスマスだったか、一人、本屋さんで立ち読みをしていると、

↑の曲が流れた。

前から知っている曲だったので聞き流していたのだが、この日だけは寒い中と、

クリスマスに街中で一人寂しく本屋で立ち読みしている中と、この曲がうまい具合にリンクしたのか、突然に自分の琴線にふれ、泣きそうになったのを覚えている。

 

もちろんどんな内容かは知らないけど、恐らく

 

私は歩いている

車が走っている

私のスピードと車のスピードが違うのに、

同じ時、同じ場所、同じように並んでいる

私はここから歩いてあの彼方へ向かうのに

車はすぐに向かうのだろう

私はずっと歩いているのに

歩いているのに

歩いているのに

 

みたいなもんなんだろう。

いや、違うだろうけど、そんなもんだろう。

 

何よりもトレーシー・チャップマンが女性だって言うのに一番驚いた瞬間である。

 

Fast Car

Fast Car

 

 

予測変換が人をダメにする

日常 あるある

スマートフォンの文字入力機能は何とも素晴しい

f:id:ozkkzht:20170307163208j:plain

「しはらい」と入力しようとしてウッカリ「しほらい」としてしまっても、

予測変換で、

「ん、もう、『支払い』でしょ♥」と直してくれる。

ちなみに支払いの次に予測されている「しほライブ」の意味は全く分からない。

 

逆に、調子に乗ったスマートフォンの予測変換様が、

f:id:ozkkzht:20170307163424j:plain

「ほんまに」と入力すると、

「ホンマに」、「本間に」と出てくるから、恐らく僕は多数だと思っているが、

「『ホンマ』の漢字が『本間』なんだ! ワォ!」と狂喜乱舞する人もしばしばいるが、これは、「ほんま」に対しての変換なのだから、人の名字である「本間」さんという意味合いでしかないので、「本間」=「ホンマ」というのは大きな間違いである。

 

じゃあ漢字はないのか? となると、

「本真」というのが正解ではないだろうか。

関西弁でいう「ホンマ」というのは「本当」ということだから、意味合いとしては「本真」が良いとされるだろう。

 

いや、本間に。